若手建築家と..|静岡県浜松市の大石設計室は、民家工房法・伝統木工法を駆使した木造住宅・古民家再生を専門とした設計事務所です。「真壁造り」「土・紙・石などの自然素材」「住まいやすさ」など、古い民家に詰まったたくさんの知恵を受け継いだ「民家を継承した家」をつくり、次の世代に残していきたいと考える木造民家・古民家再生工房です。

若手建築家と..

2020年04月01日

若手建築家と... その後の現場では、給排水の配管が施工され、基礎断熱しながら床組みが出来てきました。                                    今日は若手建築家さんと現場へ.. この先の監理のお手伝いをお願いすることに。 また少し新しい民家の工房のカラーが出てくるかもしれません。 楽しみです... ・ ...

朝日から夕陽まで...

2020年03月31日

朝日から夕陽まで... その後も現地調査を続け、現況図面と改修計画案がなんとかまとまってきましたので、設計仕様の検討と構造強度の検討に入っていきます。 今回は構造の現地調査を実施..                          今日は服部家で朝日も夕日も見られた 打ち合わせ案件が多過ぎてぐったりしていた帰り際、夕日が差し込む奥の間に癒...

まずは床組みから..

2020年03月26日

まずは床組みから... 解体工事が終わったその後の現場では、大工さんが床組みの準備を始めました。まずは足元を確保してから2階の解体を始めるという算段のよう..           先日一期工事を終えた親世帯の増築部分。これから玄関部分の改修工事を子世帯の工事とあわせて進めていきます...                          ...

外壁の通気..

2020年03月21日

外壁の通気... 建て方を行った矢田の家では、はや屋根が葺かれ、中間検査も完了しました。なかなかのスピードで進行中..                外壁の二重通気のひとつ目..この上にアルミ遮熱シートを張っていきます。                          今回は軒の出が0ですので、通気の取り方にひと工夫が必要で...良い...

解体工事が..

2020年03月18日

解体工事が... 五条の家子世帯の工事が始まりました。まずは解体工事がスタート..                          子世帯の方は、40歳になるRC造の建物の改修工事です。まずは解体屋さんにより1階部分の天井・壁・床を全て撤去します.. 40年前の墨もまだまだ現役のよう 構造躯体の様子や基礎の状況などを確認して、ここから詳細...
1 2 3 4 12

pagetop